こんな悩みで相談しても大丈夫でしょうか?

   ようこそ COCORO CARE(こころケア)へ

         お越し下さいました。

   心理カウンセラーの仲村です。

 

   COCORO CAREは2011年に開始しました。

   この10年間で多数の方に来ていただき、元気になる姿を

   横で見させていただき、とても、うれしく思っています。

 

   今後も、毎日を悩みを持って生きている方、

   ストレスを抱えている方、 やる気を持てなくなった方、

   夢や目標が分からなくなった方、メンタルヘルスに悩む方、

   成長をしたいけど次の一歩が分からない方、キャリアに悩む方、

   人間関係を良好にしたいけど方法が分からない方、

                     様々な方を手助けさせて頂きたいと思います

  「こんな悩みで相談しても大丈夫でしょうか?」  
   

   私はいつも、こう答えています。
   「大丈夫ですよ。どんな悩みでも聞かせて下さい。」

   今まで様々な方にお会いしました、その中には人に相談して、
   「そんな事で悩むな」と言われて、余計に落ち込んだり、
   「こんな事で悩む私は駄目ですね」と責めている方も

   いました。


   どんな話でも結構です。

   一人で抱えず、聞かせて下さい。
   整理できなくて、ぐちゃぐちゃでも、

   本当に無茶苦茶な話でも、どのような話でも、
   全て受け止めさせて頂きます。

   貴方がお話に来て下さるのをお待ちしております。

   私の日常の言葉は『ブログ』

   仲村のことをもっと知りたい方は『私の想い』

 

カウンセリング費用

 

   カウンセリングをご希望される方は、お問い合わせよりご連絡を頂き、

   その際に相談内容やご希望の日時を教えて下さい。

 

   費用は左側のメニューの仕事内容から、各メニューをご覧頂けると、

   ご確認出来るようになっております

 

   カウンセリングの場合、カウンセリングルーム以外ご希望の場合は、

   別途費用が変わってきますので、ご注意下さい。

   *2020年11月1日より一部価格を改定させて頂きます。 

 

 


   カウンセリング費用は1時間6,000円を基本料金とし、

       延長30分毎に3,000円頂いております。

   初回は、インテーク時間を含めまして、1時間20分 8,000円となります。 

 

   尚、キャンセルの場合に関して、

   前日の12時までにキャンセルのご連絡を頂いた場合は、無料です。

   前日の12時以降当日までのキャンセル代は3,000円となります。
   (場所代が掛かる場合は場所代のみ別途頂きます。)

 

        セミナーやサロンに関しては、別途ご相談となります。

 

 

オンラインカウンセリング始めました

  ZOOMやLINE、Skypeによるオンラインカウンセリングを始めました。

  様々な環境変化で外出が怖い方も多いと思います。

 

  そのような中で、不安を抱えて誰とも話さず家にいる事は

  大きな心の負担になります。

 

  そこで、オンラインカウンセリングを行います。

  オンラインカウンセリングであっても表情が見えた方が安心感が増すため、

  ビデオを通したカウンセリングとさせていただきます。

 

  費用は通常のカウンセリングと同じですが、30分3000円から導入致します。

  支払いはPayPayでのお支払い、またはPaypalでのクレジットカードからのお支払いとなります。

カウンセリング教育サポート

   

   カウンセリングの勉強を行ないたいという方、資格を取得したいという方から、

   カウンセリングの実技を学びたいというお声を頂き、個別に対応しておりました。

   そのような方から最も幅広くした方が実務に結びつくカウンセリングを学べるから

   機会を増やすべきというお言葉を頂いたので、

   今後、下記のような資格やカウンセリングを学びたい方にも、

   対応させて頂きます。

 

   公認心理師

   キャリアコンサルタント技能士検定2級

   国家資格キャリアコンサルタント

   産業カウンセラー

   民間の心理カウンセリング資格

 

   気になる方は一度、お問い合わせ下さい。

 

 

ブログ

2022年

1月

25日

出来ることから取り組む

何かを変えていきたい時には、出来ないことや大きい事ばかりを観ると、

どんどんと気持ちが落ち込んでしまったり、自信が失ってしまうことがあります。

 

それよりも、自分の出来る、身近に出来ることから取り組んでいくと、

それが達成感にも繋がり、自信も湧いてきます。

その為、まずは出来ることから取り組むことが正解です。

 

そのような考えを持っている中で、ある一つの面白い取り組みを知りました。

それは、「日本のコメ農家を救う」という活動です。

 

今、日本のコメ農家が減少しており、また高齢化の影響で

今後、一気に少なくなる可能性があります。

 

今はたくさんあるじゃないかと思うかもしれませんが、

今の米農家の平均年齢は70歳です。

 

過半数は60歳を超えており、あと10年もすれば、本当に多くの米農家は活動を停止していきます。

さらに20年後になると、きっと、日本のお米はこのような安価で食べることはできず、

希少な食糧になっていると思われます。

 

それを少しでも改善するためには、若い米農家を増やしていくこと、

そして、その為には米の食料消費量を挙げて、専業の米農家でも生活していけるようになることです。

 

その消費量を上げるための第一歩として、新潟県が考えたのが、

遅刻しそうな学生がパンを加えて走る姿はドラマなどで昔に見たことがあると思います。

あれをおにぎりで行った動画を作成しました。

 

これを聞いたときに多くの方は「???」となるかもしれませんが、

下記がその動画です。是非とも見てみてください。

遅刻するおむすび少女プロジェクト Sample 01「遅刻する女子高生」篇 - YouTube

 

これで、本当に米消費量が増えるかは分かりませんが、

この「出来ることからやってみる」という挑戦や、それで反応してお米を食べる人が増えれば、

凄く嬉しいことだと思います。

 

こんな風に最初の一歩はどんなことでも良いので、取り組んでいきたいですね。

私はお米が好きなので、食べていこうと思います。

INFORMATION

お知らせ

   2022/01/25        ブログを更新しました。

   2022/01/22        ブログを更新しました。

   2022/01/19        ブログを更新しました。

   2022/01/17        ブログを更新しました。